Sky%20Full%20of%20Light_edited.jpg

コンサートプラン・クセジュ

​現代の音楽とともに

コンサートプラン・クセジュは、現代の音楽をプログラムの中心に添え、「新しい音楽、それまでの道、これからの道」をお客様とともに探るコンサート企画を進める団体です。構成メンバーは、作曲家や演奏家など。
「クセジュ(Que Sais-Je?)」とは、フランス語で「わたしは何を知っているのか?(何も知らないではないか)」
という意味で、思想家モンテーニュが座右の銘とした言葉。
これを企画の根本テーマに置き、現代の音楽、なかでも新曲の初演を常に行います。

作曲家の言葉や解説もお聞きいただきながら、「知らない世界を知る。飛び込んでみる。」ことを、作曲家、演奏家、観客、すべてが自問自答し前に進んでいけるようなコンサートを目指します。
未知の可能性との出会いを求め、親しみやすいイベントながら、興味深い音楽空間を求めていきます。
また、音楽における哲学、人間や社会や福祉とのつながりを考え、実践的に模索していきます。

 

コンサート情報

​Asia~音楽の脈動~ 2021年5月にトーキョーコンサーツ・ラボにて開催だった本公演は、緊急事態宣言により、今秋に延期となり、現段階で開催予定・粛々と準備を進めております。延期先の日時と場所は、11/30(火)&12/1(水)連夜に、北とぴあ・つつじホールとなりました!詳細は最新記事などで追ってお知らせいたします。

また、コンサートプラン・クセジュ代表である佐原詩音作曲個展vol.4「私は明日、インドへ行く」も、6月に近江楽堂で開催予定しておりましたが、緊急事態宣言により、2021年12/6(火)の夕・夜公演へ延期となりました。こちらの公演は、近日中に詳細情報公開・チケット販売開始となります。最新記事をお待ちください。

2020~2021年、ライブを中心とするパフォーマンスやイベントが社会状況に大きく揺さぶられているなか、インターネットライブ配信に表現の活路を求めスタートしたのが、2020年秋から毎月継続して配信しているインド音楽講座「Beyond the Comfort Zone」である。これは、株式会社メタスペクトが企画制作を行い、シタール奏者のヨシダダイキチと作曲家の佐原詩音が出演し、インドの音楽の構造や概念、実際の演奏技法に至るまでを対話形式から学習できるように流れを組んでいる。

その総括として、二日間の音楽フェスティバルを総勢70名で企画中である。インド音楽のライブでの学習講座とその音楽を一日目の前半プログラムに、インドネシア在住経験がある作曲家・野村誠がコーディネートする独自の講座とその音楽を一日目の後半プログラムに、今を生きる若手から中堅の邦人作曲家たちがAsiaのいくつかの国の伝統音楽や歴史を個々に研究し、その素材に発露したオリジナリティと創意工夫を織り交ぜ、新曲初演するコンサートを二日目に行う。

この最後のコンサートでは、新曲初演だけでなく、インド、インドネシア、タイ、ミャンマー、モンゴル、カンボジア、ヴェトナム、スリランカ、フィリピン、中国、台湾、韓国などの作曲家も紹介する。コンサートは研究報告レポートとしてもまとめ、この企画の配布プログラムや公式HPにおいて公開する。日本社会だけでなく、世界中への波及と再演をねらい、また作曲家との連絡や楽譜入手のアプローチがしやすいように、これらの初演はyoutubeにて公開する。

コロナ禍による世界的な現状を直視すると、海外に行くことはなかなかできない時世だが、過去の音楽理論研究やアジアの作曲家の記録、過去現在の交流から、音楽的創作、伝統~現代音楽の研究を進めることができる。これを充実させることで、作曲家と演奏家と聴衆が世界を通した文化価値の共有・融合が成立する。本企画では、Asiaにフォーカスすることで、西洋音楽とは異なる東洋的世界観を認知し、新曲を初演することで、この分野と現代音楽の連帯を進化させることができる。

このような歴史や文化の交流・今を生きる芸術家と観衆の新たな感受や学びを第一の目的とする。

 

​Asia~音楽の脈動~

11/30(火)&12/1(水)連夜

北とぴあ・つつじホール

秋の終わり、大きなプロジェクトがあります。日本から西へ広がる東アジア…そのいくつかの音楽観を講じ、作曲家がそれぞれの題材から描いた作品を披露し、それを多様な演奏家たちが奏し融合する「現代音楽のコンサート」を企画しました。

Asia~音楽の脈動~

東アジアの音楽世界を現代の創作から紐解き、理論研究・作曲・伝統楽器からアプローチする現代音楽フェスティバル。11/30(火)、12/1(水)の二日間です。どうかぜひお越しください。

会場:北とぴあ・つつじホール

(東京メトロ南北線王子駅5番出口直結、JR王子駅北口徒歩2分)

<チケットお問い合わせ&公式HP>

各公演入場料:一般 3,000円/学生 2,000円

チケットぴあにて発売です。第一夜のPコードは、203636。第二夜のPコードは、203637です。連夜お越しくださる早期ご予約のお客様は、1000円割引となる5000円にて両日のチケットをチラシとともに郵送できますので、その場合、下記アドレスにご一報ください。 

que315710@gmail.com

企画:コンサートプラン・クセジュ

(代表:佐原詩音、副代表:山水美樹)

https://siyyon7.wixsite.com/website

Talk & Composition Program

*作曲家たちは、国・地域が持つ音楽性・文化的背景からテーマを得て創作します。曲順未定。新着情報はHPやSNSで随時発表します。

 

11/30(火)第一夜【インド・インドネシア音楽講座と現代の音楽】

ヨシダダイキチ「インド音楽講座」

野村誠「インドネシア音楽講座」

Maurice Ravel「Shéhérazade~1.Asie~」(Mezzo Sop.Pf.)

野村誠「ルー・ハリソンへのオマージュ/インドネシア」

(Vn,Bali Gamelan)

梅本佑利「电子小吃!/中国」(Vib.)

會田瑞樹「The River/インドネシア」

(能役者.Sitar.馬頭琴.箏.Arab&Gamelan etc Perc.Pakhawaj)

佐原詩音「新曲/ネパール・チベット・ウイグル」

(馬頭琴.箏.Hrn.Vn.Vc.Cb.)

佐藤伸輝「新曲/カンボジア」(二胡・Sax.Hrn.Pf.)

たかの舞俐「新曲/インド」(Sitar.Pakhawaj.Fl.Sax.Vn.Vc.Perc.)

12/1(水)第二夜【融合するアジアと現代の音楽】

薮田翔一「闇の色/インドネシア」(Vib.箏.Java Gamelan)

佐原詩音「ヨビボエン、インドネシアへいく/インドネシア」(箏.Java Gamelan.Pf.)

清水一徹「新曲/タイ」(笙.Cl.Gt.Gt.)

中村匡寿「新曲/中国」(二胡.笙.Mezzo Sop.Perc.)

木下正道「新曲/日本南西の海洋地域 沖縄~フィリピン」

(箏.箏.Hrn.Gt.Gt.)

趙世顕「新曲/朝鮮半島」(カヤグム.コムンゴ.Fl.Perc.)

佐原詩音「新曲/モンゴル」(馬頭琴)

原島拓也「新曲/ミャンマー」(Mezzo Sop.琵琶.Perc.Pf.)

今堀拓也「新曲/ベトナム」(箏.箏.十七絃)

梅本佑利「新曲/日本」(能役者.Fl.Cl.Sax.Vn.Cb.Perc.)

【11/30(火)出演】

シタール:ヨシダダイキチ 

能役者:清水寛二 

二胡:濱島祐貴 

馬頭琴:末留かおり 

箏:山水美樹

パカーワジ:カネコテツヤ 

アラブ・ガムラン打楽器:濱元智行 

ガムラン打楽器:谷口かんな

ホルン:近藤圭 

サクソフォン:松下洋 

メゾ・ソプラノ:山下裕賀 

フルート:丁仁愛

ヴァイオリン:鈴木舞 

ピアノ:白河俊平・佐藤伸輝 

チェロ:笹沼樹 

コントラバス:近藤聖也

打楽器:會田瑞樹・小林孝彦

【12/1(水)出演】

能役者:清水寛二 

笙:真鍋尚之 

二胡:濱島祐貴 

馬頭琴:末留かおり 

琵琶:原島拓也

カヤグム:金オル 

コムンゴ:朴善英 

箏:山水美樹・金子展寛・木村麻耶 

ガムラン打楽器:谷口かんな

ホルン:近藤圭 

打楽器:會田瑞樹・小林孝彦 

ヴァイオリン:鈴木舞 

ピアノ:正住真智子

コントラバス:近藤聖也 

サクソフォン:松下洋 

フルート:丁仁愛 

クラリネット:福島広之

メゾ・ソプラノ:秋本悠希 

ギター:大坪純平・岡本和也 

語り:佐原詩音

AFF表.jpg

​チケットお問い合わせ

<チケットお問い合わせ&公式HP>

各公演入場料:一般 3,000円/学生 2,000円

チケットぴあにて発売です。第一夜のPコードは、203636。第二夜のPコードは、203637です。連夜お越しくださる早期ご予約のお客様は、1000円割引となる5000円にて両日のチケットをチラシとともに郵送できますので、その場合、下記アドレスにご一報ください。 

que315710@gmail.com

企画:コンサートプラン・クセジュ

(代表:佐原詩音、副代表:山水美樹)

https://siyyon7.wixsite.com/website

コロナ禍での変更・中止等のお知らせについて

​​社会上状況に則し、コロナ禍による公演の変更・中止等の決定のお知らせは、11/22(日)(最終決定)22時までにこちらのHPでお知らせいたします。チケットをご購入の方は、お手数ですが、HPにて公演の詳細をご確認ください。

AFF裏.jpg
インドネシアヨビボエンインド洋.jpg

​当日のプログラムについて

公演プログラムは、作品解説とともに作曲家たちが描いた各々の東アジアの研究コラムも掲載します。また、演奏家、音楽理論家、民俗音楽研究者による執筆も掲載します。

​ヨビボエンによる、Asiaの音階コーナーも。どうぞ、お楽しみに!

 

過去の企画コンサート・イベント

ツアー内容をチェック

クリスマスのあかり

過去の企画コンサート

2020年12月22日(火)

Christmasに響く現代の音楽

​~9人の作曲家によるアンデパンダン展~

2020年秋、コロナ禍のなか、クセジュ代表の佐原詩音は、自身の作曲個展以外に、仲間たちと新曲初演を目指すべく、「コンサートプラン・クセジュ」という任意団体を2020年12月1日に立ち上げ、企画プロデュースする流れとなりました。東京藝術大学の芸術家への助成・アートルネッサンス支援金30万円を獲得することもでき、会場もコロナ禍で可能な範囲である70席が満席となりました。

 

●コンサートプラン・クセジュ企画

2020年12月22日(火)「Christmasに響く現代の音楽―9人のアンデンパンダン展―」

19:00開演(18:30開場)場所:トーキョーコンサーツ・ラボ/集客70人

 

<出演>

Clarinet 福島 広之/Horn 近藤 圭/Guitar 大坪 純平/Guitar 岡本 和也

Percussion 會田 瑞樹/Koto 山水 美樹/Piano 正住 真智子/Piano 佐藤 伸輝

 

<プログラム>

會田 瑞樹/親指太郎とダチョウ Voice&Pf.

會田 瑞樹/Kampai Divertiment Vib.&Koto

梅本 佑利/ピコ子!(Piko-ko!)/新曲 Pf.*

木下 正道/冬の獅子舞踊り Hrn.&Assistant*

久保 哲朗/Falls in silence Vib.*

佐原 詩音/Twinkle Twinkle Supernova Cl.&Vib.

佐原 詩音/黒いサンタクロース~Knecht Ruprecht~ Narr.&B.Cl.&Perc.&Koto&Pf.*

たかの舞俐/Remnants of love Gt.&Gt.

中村 匡寿/天狼-Sirius- Cl.&Koto*

原島 拓也/Makeup Palette-Snowflake- Irish Harp*

和田なごみ/水晶 Pf.*

 

連絡先

コンサートプラン・クセジュ

代表:佐原詩音

副代表:山水美樹

コンサートプラン・クセジュの音楽や今後の出演情報に関しては、お気軽にお問い合わせください。

東京都江東区亀戸

siyyon7@yahoo.co.jp

送信が完了しました。